豊富な栄養素分

<両方にある成分>
・カルシウム
・マグネシウム
・鉄分
・亜鉛
・不可欠アミノ酸
・αリノレン酸
・食物繊維

<チアシードにのみある成分>
・ナイアシン他、ビタミンB群
・リン
・カリウム
・セレニウム(ミネラルの一門・ビタミンEの60倍の抗酸化リアクションを持つ成分)

<バジルシードにのみある成分>
・ビタミンK
・ビタミンE
・ビタミンB6

このように、どちらの種子にも誠に栄養成分が含まれています。
どの成分も人物の体にとって、欲しい成分ですが、その中でもいくつかの成分に注目してみたいと思います。

不可欠アミノ酸

チアシードには『上級食べ物』とも呼ばれるほど、とある成分が豊富に含まれています。不可思議ともおっしゃるほどのその成分「不可欠アミノ酸」だ。

人物の体に絶対に必要な不可欠アミノ酸は全部で9種類なのですが、誠にチアシードには、その8種類が含まれているのです。

αリノレン酸

2つの種子が注目される魅力の1つが、チアシードは全体かさに占める比が30%、バジルシードでは14%とという『αリノレン酸』の配合かさだ。
こういう、植物から取り込めるαリノレン酸は、体内でDHAやEPAといったアレルギー事態の軽減や、LDLコレステロールや中性脂肪の落ち込みなどの、成人病魔のリスクを決める事態を牛耳る効果の残る成分だ。

DHA・EPAは、互いに青魚などに手広くある成分ですが、不思議なことに魚由来のものでは、アレルギー事態の軽減といった効果を得ることは出来ないのです。www.duoenecho.org/